null出版者の観測

IT先端分野を中心に、言語、編集、生活など

非正規公務員も副業禁止とかエラソーに何? そういうのは法人でやれば問題ないです

公務員というのはガチガチの副業禁止規定の制約を受けるものです。先日もBL本を描いて収入を得ていた教諭が懲戒処分を受けていましたが、その規定は、憲法とか表現の自由とか職業のような、人権と労働の根本の部分を脅かしているように思えます。人権派弁護士はLGBT擁護と同じくらいの強度で、つっこむべき。憲法判断なら最高裁まで行けるはずです。

↓国家公務員の兼業について
https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/files/kengyou_gaiyou.pdf

↓副業禁止の3原則
公務員の副業の禁止理由は3原則!例外もあるけど、ばれる?ばれない?本当はどっち?


さて、むかし官営の図書館に勤めたとき、非正規なのに勤務初日に配られた「公務員の宣誓文」を読み上げさせられて、うんざりしました。採用のときには、「今までご活躍されていたようですが、副業はしないですよね」とか、念押ししてくるし。

そのとき、わたしの100%資本で所有(非役員)していた法人は収益を上げていたけど、累損と相殺した申告利益はゼロで、わたしもお金をもらっていませんでした。つまり副業による収入は得ていないことになり、ひとまず「副業によって収入を得ること」を禁止している部分の公務員規定には、抵触していなかったという解釈です。

ただ残る問題として、法人を所有して経営に関与することが、副業に当たるかどうかの判断があります。でも誰であろうと株式を持つことによって、間接的に企業を支配できることが資本主義の本質です。この件でとがめられたら、「法人を所有し、株主として経営に口出しすることは、投資家のロールであり、副業には当たらない」と主張するつもりでいました。

よって、おそらくわたしは公務員規定や公務員倫理に違反することなく、過去に公務員をやっていました。

ここで重要なこととは、公務員であっても、投資家の立場から法人を設立して親戚等を役員にし*1、間接的に支配することにより、個人を離れた異世界での活動を行うことができ、その異世界の中でこそ通用する、体系の異なる倫理と、別の財布を持てるという仕組みの部分です。

この仕組みを考える上で、現在もっとも現実的なのは、エストニアに電子的に現地法人を設立する手法です。

かつては、資本防衛の点から、香港やケイマンを租税回避地として利用する手法がありました。しかし現在では政情不安や技術面から、従前の手法による租税回避は難しくなっています。この記事での着目点は、あくまで資本よりも、収益というキャッシュフローを、いかに異世界側にツケておくかという部分です。

f:id:nelbone:20191018180015j:plainf:id:nelbone:20191017004423j:plain
エストニア=IT先端国家、食べ物かわいい、タルコフスキーのストーカーロケ地

エストニアは、電子化を推進しているIT先端国で、法人設立も現地に行かずにネットだけで完結できます。また、外資導入による資本課税よりも、スタートアップ後の将来性に対するポテンシャル課税のような考え方をしているため、設立後数年は無課税で済みます。設立時点で収益の上がっていない新法人でこそ、設立する意味があります*2

思い立ってから15分で法人を設立した話|池澤 あやか|note

わたしの場合は、すでに大昔に日本国内で法人を設立していたので、その範囲でやってます。しかし、税務申告0円でも、法人均等割は必ず7万円/年かかってきます。10年間何もしなくても70万円が損金になります。国内なら開業費も20万はかかるでしょう。今から設立するならエストニア一択です*3

話をもとに戻すと、副業禁止の公務員が、給与以外の実質収入を得たい場合、法人を設立して利益をその法人の中にため込んでおけば、倫理も節税も同時にかなえられます。

冒頭に書いたBL作家も、通販やコミケの売上はクレカで決済して、エストニア法人の口座に入金しておけばよかったのです。そして、画材も光熱費も、その口座に紐づけしたユーロクレカで支払い、出納をすべて電子化してしまえば、エストニアへの決算申告まで電子的に完了させることができます。

ところで、地方自治体のなかには最低賃金のくせに、ハローワークの求人で堂々と「副業はできません」と書いている自治体があります*4。その条件で、どんな奴隷が買えるというのでしょうか。

法人という、自分自身とは異なるキャラクターを持つことは、社会的にも経済的にも多くの恩恵があります。このあとも、少しそういうネタを書いてみます。

*1:本人が役員をやらないのは「国家公務員法第103条 職員は、営利を目的とする私企業(以下「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員等の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。」という規定があるため。わたしも公務員期間中は、役員から外れた。登記簿を取ればその会社の役員が誰なのか住所までわかるが、ふつう採用する側にはそこまでの身上調査はイメージできないはず

*2:ちょっと思考実験がかるが、ある日本人が、エストニアの電子国民となりエストニアで設立した法人の役員であることは、属地主義をとる日本国内での公務への従事に関して国内法は及ばない範囲だと思うので、堂々と本人がエストニアで登記すれば良いのではないか

*3:決済がユーロになるが、国内で日本円で売るものには、クレカで決済すれば良いのです。自動的にユーロ建ての現地の銀行に入金されます

*4:長野県の市町村立公共図書館がその条件で募集していたことがあります。横浜市やさいたま市の学校司書案件(内容が酷すぎて話題になった)よりも悪質な、国内で最悪の雇用事案だと思いました

車の維持費の記事は間違いだらけ。固定費と変動費を分けなくては意味がない

ネットで上位に表示される記事の内容がデタラメすぎて、ネットのノイズ化が進んでます。ノイズ排除のためにフィルタを意識しながら検索するオーバーヘッドを考えると、最初からオリジナルの情報(go.jpにある公式のソースや、本のようなオーソライズされた情報)を探して当たったほうが、早いんじゃないか?

特に、恋愛と車の記事が酷い!

「本気のキスハグの見分け方」とか、「冬は車重のある4WD車がおすすめ」とか、その文字列をうっかり読んでしまったわたしの損失(ロス)を返せ*1、って気持ちになります*2

なぜそうなるかは、くだらない記事を安く量産するネット広告経済のしくみにあります*3。Googleも大手の矜持があるなら、評価の低い記事を排除できる程度の自然言語処理を実装してほしいものです。

また、Webによくある車の記事は、ライターに基礎的な機械工学の知識がないため、物理エビデンスを無視した主観的な官能評価でしか書けません。その感性とやらも「RRの回頭性の良さが心地よいオーバーステアにつながっている」と、コピペしたレベルです。「ポルシェはバスのように曲がる」みたいな表現は、期待しても出てこないんだよね*4

その中でも、とりわけ酷いのが、軽自動車とコンパクトカーの維持費を比較した記事です。ほぼすべての記事が、車の償却費と、税額と、車検手数料と、ガソリン代や消耗品代を同列に扱っていて、お金の話なのに、会計の視点から見れば分析する価値のない記事になってしまっています。次の表の例では任意保険や駐車場代の根拠もありません。

【Webによくある車の年間維持費比較のどんぶり例】

軽自動車 コンパクトカー
自動車税 10,800 34,500
重量税 3,300 12,300
自賠責保険 15,130 15,520
自動車任意保険 55,250 84,250
車検費用 46,460 49,700
点検費用 9,300 9,800
燃料代 40,419 54,000
駐車場代 10,000 10,000
タイヤ代など 9,200 16,800
合計 199,859 286,870


生活が経済活動である以上、会計原則を担保しない経済記事は、生活上の意思決定を見誤る、というのが、わたしの考えです。

では、実用上役に立つ軽自動車とコンパクトカーの維持費の比較はどのように行われるべきでしょうか?

  1. 車本体の購入価額にもとづき資産計上し減価償却を正しくやる
  2. 固定費と変動費をきっちり分け損益分岐点を算出する

車は資産性を持つ物品なので、毎年少しづつその価値が減っていく会計処理をしなくてなりません。それが1. の減価償却です。法人が決算するときにもっとも手こずる部分です。でも個人であれば、本体20万円以上の車を買ったら、4年(軽自動車)か6年(普通自動車)で均等割すれば実用上十分です。180万円の普通車を買ったら、1年間の償却額は30万円です。それ以上でもそれ以下でもありません。

したがって、個人がミニマムに暮らすという目的を達成するためなら、繰延償却の発生しない20万円以下の中古車を買って、買った年に全額を償却させる(家計簿の支出勘定に充てる)のが、会計的にベストな経済行動です*5

2. は、より注意して扱う会計処理です。車検を取り、車にナンバーをつけて走れる状態を維持することで発生する費用=固定費と、実際に走ってガソリンや月極駐車場やタイヤやオイルに支払う費用=変動費は、支払う意味が違っていると思いませんか? 車における固定費とは車を維持する車両費であって、変動費とは、車を使ったことによる交通費ととらえなくては、仕訳の筋が通りません。

それを分けずに合計を算出して「車の維持費」としているのが、Webにある比較記事の、最大の問題点です*6

そこで、軽自動車とコンパクトカーについて、資産計上すべき償却費を除いた維持費を、まず固定費と変動費を分け、仕訳を細分化した比較表を作りました。変動費は年間3,000km走る場合を想定しています。

【本体償却を除く車の維持費】

軽自動車 1.5L コンパクトカー 条件
固定費 自動車税 10,800 34,500 13年以内、優遇なし
重量税 3,300 12,300 13年以内、優遇なし
自賠責保険 15,130 15,520
自動車任意保険 25,000 28,000 車両なし30才以上最低保障、年間3,000kmの概算
登録車検代行 16,000 18,000 GS丸投げ1年分に換算
固定費計 47,730 108,320
変動費 ガソリン代 24,375 24,375 燃費16km/L、レギュラー@130、年間3,000km走行
消耗品 8,500 9,500 油脂類、タイヤ、損耗パーツ年間
駐車場代 0 0 考慮しない
変動費計 32,875 33,875
変動費1km分 10.6 11.3


上の表で、なぜ固定費と変動費を分けたのでしょうか。それは、この2つを分けて扱わないと、車を所有し使用することによって得られる利益(プロフィット)と、そのために必要な費用(コスト)が交差する損益分岐点を算出できないからです。次のような図、どこかで見たことありませんか?


この「損益分岐点」こそが、車を持つほどの価値があるかどうかを判断するための境界点です。この金額を算出しておけば、あとの判断を単純化できます。

上の表をこの図に当てはめて考えると、1.で述べた償却を除いた*7軽自動車と普通自動車を年間3,000km使用した場合の損益分岐点は、それぞれ年間80,605円(月6,717円)と142,195円(月11,849円)になります。

その金額を軽く頭に入れておき、使用場所の地理条件から、車を所有する価値(=利益)を判断していきます。もし損益分岐点を上回る利益があると見込めれば、車を持つ価値があります。

具体例として、八王子駅からバスで15分(3km)の場所に住み、バスで月20回駅前まで買い物にいき、月6回はJRで都内に出る生活をしているとします。これを、軽自動車中心の暮らしで毎日8.2km(年間3,000km)走り、月に2回バス+JRで都心に出る生活と比較します。

【試算①公共交通機関のみを使用した交通費/月】

バス代 8,400 バス1回210円
JR代 10,080 JR50km現金
合計 18,480 損益分岐点との差11,763(損失)


【試算②軽自動車中心生活で月2回バス+JRで都心/月】

車コスト 6,717 軽の損益分岐点を12で割る
バス代 840 バス1回210円
JR代 3,360 JR50km現金
合計 10,917 損益分岐点との差4,200(損失)


試算②の車中心生活では、車に加えてバスJRも使っているので、その分の4,200円が赤字になるのは当然です。しかし、試算①の公共交通機関だけの使用では、損益分岐点との差額は11,763円に増えてしまい、より高コストな移動環境になっていることがわかります。

以上、車の維持費を固定費と変動費に分け、損益分岐点に着目して車の利用価値を測ってみました。

上の数字をもとに別に試算してみると、軽自動車を年間1万km乗ったとしても、毎月のコストは約12,000円です。公共交通機関が不便(=高コスト)な地域で、車が必須である理由は、経済合理性の観点からも明白でしょう。

そんなわけで、田舎でミニマリスト生活を検討している人は、まず車の損益分岐点を知りましょう。夢は、そういうこまかい話から詰めていくと実現しますよ。

*1:キスハグに意味はないし、冬場で大切なのはスタッドレスタイヤ。車重はデメリットにしかならない

*2:酷い記事は文中に「いかがでしたか?」のような特徴的な表現が多いので、その表現を正規化/正則化して類似表現を排除するフィルタを作ることで目的に沿った記事をヒットできるようになる。しかしそのようなことをする自分がだんだんくだらなく思えてくるので、まず本を買うか図書館に行ったほうが健全

*3:記事の書き方にも制約があり、見出しの比率や、スポンサーの意向に沿った語を何個以上入れるような表現の縛りがある。それに沿って書くと、テーマを問わず内容がなくなる。そこに気づいたオーディエンスはサイトを排除するので時間が経つにつれてサイトの効果がなくなるという負の連鎖が起きている

*4:以前、アルピーヌ・ルノーV6Tに乗っていた時、そういうインプレを書いた

*5:なぜベストか? それは、来年以降に償却を持ち越す車を今買う金には金利が発生するから。成功する経営者はこういう部分に着目している

*6:Web記事には車の価値を償却するという概念さえない

*7:車は資産なので、購入代金を損金として車両費に入れるのは間違い。個人でも複式簿記のB/S(バランスシート)の概念を理解し、利益(個人なら収入)から償却していかなければ、会計の本質を見失う

中古車買ったら最初にやること

先日レンタカーでN-BOXを借りて運転したら、軽自動車としての完成度の高さにびっくりしました。軽によくある出足のもたつき感が一切なく、静かで乗り心地が良いです。優秀なパッケージングも含め、いま、もっとも売れている軽の理由が、なんかわかった。

さて、前回書いた、ミニマリストとしての車の必要性と、今回わたしが買った車がスバルR2であることには、「車両も維持費も安い4WDの中古軽自動車」であること以上の関係性はないです。個人的には、たまたま出会ったこの個体の、次の点を評価しました。

  • EN07型エンジンは、スバルが作った最後の軽自動車エンジンにして名器
  • 4気筒で贅沢、NAだが点火時期調整やマフラー後期型交換によるチューン可能性の高さ
  • スバル車全般に言えるボディ剛性重視の設計思想
  • バンパー傷をごまかすため販売店が塗った黒プラスチック塗装が、むしろ営業バンのようにカッコいい
  • ワンオーナー、修復歴なし、禁煙車、メインの車よりも良いカーナビが付いている
  • 始動してもらったときのエンジン音が良かった。直観で内外におかしなところがない

まあ最近は、どんな格安車でも、おかしなところがあれば教えてくれるので、直観よりも、販売店のネット上の評価を参考にしたほうが、間違いがないです。ジモティーやヤフオクのほうがリスクが高いです。

そのようにして買った中古車は、個体ごとにコンディションが異なります。ひと通り点検して、問題になりそうな部分があれば整備工場に出しますが、そうでなければ、ひとまず次のような整備をDIYで行います。

  1. ネットでその車の弱点を調べて該当箇所を確認
  2. エンジンオイル、エレメント、吸気フィルタ交換
  3. プラグ交換と、その時にピストンヘッドのカーボン付着を確認
  4. 点火時期を調整できるなら3~4°くらい進角する
  5. 燃料をハイオクにしてFuel-1を2回くらい入れて走り通す
  6. ヘッドライトの色温度を変更、純正オーディオならスピーカを交換
  7. タイヤの製造年週と溝を調べ五分山切ってたら交換を検討

以下は、各項目のポイントです。

1. スバルR2は冬季ブローバイホースが結露し、乳化した垢がホースを詰まらせたり、エアクリーナ付近を油だらけに汚してしまう。今回も黄色い垢がたくさん付着していた。パーツクリーナでホースを洗い、一緒にエアクリーナも交換する。タイミングベルト使用車は、タイベル交換時期を把握しておく。ATF/CVTFを抜けた分だけ補充し、長期的にリサイクルする。

f:id:nelbone:20201031175638j:plainf:id:nelbone:20201031173907j:plain
エアクリ左下がブローバイ出口で汚い(左)、新品を用意(右)


2. 軽自動車こそ高回転でエンジンの負荷が大きい。エンジンオイルはケチらず良いものに交換しよう。最近はUnil-opalを気に入っている。

f:id:nelbone:20201118203928j:plainf:id:nelbone:20201118204800j:plain
MOTULもペール缶なら安い(左)、Unil-opalは名前に惚れた(右)


3. プラグをイリジウム(今回はNGKのRX)に交換。5000回転以上で出力が5%くらい増した気がする。その時、ピストンヘッド付近を見れるので、カーボン付着も確認する。予算があるならイグニッションコイルも新品に*1

f:id:nelbone:20201031174501j:plainf:id:nelbone:20201031174935j:plain
外したプラグ(左)は電極減ってないがカーボン多し。右がNGKのRXブランド


4. メーカーはノッキングを恐れて点火時期を遅めにセッティングしている。2~3°くらい進角しても問題ないし、燃料にハイオク使えるなら5°くらい早めてもよい。目的は完全燃焼させることで、うまくいくと低回転のトルクが太くなる。スバルはしばしば、そのための純正部品を売っている。そういうところ好き。

yumaadventure.com

5. 3.で目視したピストンヘッドのカーボン付着が多いと感じたら、燃料をハイオクにしてFuel-1を入れて満タン2回くらい走り通すと、クリーニングされているという噂がある。再度プラグを外すのが面倒なので確認していないが、特に悪評はないので効果はあるのでしょう。Fuel-1の濃度を一定に維持する(一度入れたらGASをつぎ足さずに走り終える)のがコツ(だそうだ)。

6. ハロゲンヘッドライトの色温度をHIDみたいに6000K(ケルビン)くらいにするのが流行ったが、一周回ってわたしは2500Kのイエローにしている。4WD車には似合うと思う*2。また、純正ナビオーディオの音はひどいので、スピーカだけでも社外品に交換する。そこでケーブルまで交換しようと思うのは、宗教の入り口だ*3


7. タイヤサイドには、そのタイヤの製造年と週がわかる刻印がある。また、溝が減っているのなら、タイヤを変えるチャンスでもある。今回のR2は3分山のサマーだったので、新品のオールシーズンに履き替えてみた。豪雪地域でなければ、スタッドレスのセットを持つよりも合理的だ。オールシーズンをはじめて履いたが、ドライ面をスタッドレスで走るときの、あの、〇〇〇を踏んだ時のような嫌な感じがなくなり、食いつきも水はけも良くて、すばらしい。唯一の欠点は、外観がまるでスタッドレスのようなので、夏に走ると野暮に見えてしまうところだ。


といった感じで、中古車を買ったら、まず以上のような仕込みをしてから、本格的に使い始めます。

経済性の話は、次回。

*1:コイルは静的部品なのにけっこう性能が低下していることがある

*2:平成16年以前の車にしか装着できない。「イエローは霧に効く」というエビデンスが得られなかったため

*3:オーディオ分野ではケーブルが固有の共振をするそうで、声優の声がより美しくなるアニソン向けのケーブルが売られていたりする

スバルR2買った。車は生活のミニマル化に必須なツールなんだよ

七つの大罪のうち*1、わたしの最も強い嗜好とは、乗り物に対する執着であって、車やバイク、自転車、重機*2、クルーザ、トレーラに対する偏愛は、やおいのようにやめろと言われてもやめられるものではありません。

その中に鉄道や航空機、バスや消防自動車が登場しないのは、それらは自分で所有して好きに乗り回せるわけじゃないからです。つまり、乗り物の運用には何の興味もないけれど、私物として乗り物を維持管理し、運転操縦し、愛でてデロデロになることがわたしの欲望の本質です。

f:id:nelbone:20061030140444j:plainf:id:nelbone:20200819183420j:plain
ちょっと前の車(左)、いまメインの車(右)


そんなわけで、山梨に山林を持っているのは*3、いま流行りのゆるキャンやヒロシとは何の接点もなく、ただレアな車やトレーラーを、森の中に隠しておくためのベース空間が必要であったというのが理由です。

f:id:nelbone:20170810121057j:plainf:id:nelbone:20170810113412j:plain
清流脇の謎の遺構(左)、ラピュタにありそうなドラム缶(右)


もし乗り物に出物があれば即、入札して森に置いておき、必要があれば登録して、公道を走ったり、住居にしたり*4、航海するなどして、わたしの生活を構成する一部になっていくというわけです。

以上は、単なるわたしの趣味の話なので、比較的どうでも良い話です。

ここからが本題です。

一般にミニマリストにとってこそ、車は生活に必須のツールであり、維持コストを年10万円以下に抑えることができれば、何かに「勝った」気になれることを、経済の側面から検討したいと考えてみました。

ミニマリストが提唱するスタイルの多くは、あまり働かずに、安いアパートで質素な暮らしをするとか、安い土地を買って廃材で小屋を建てるとか、通貨を信用せず自給自足の交換経済で生きるとか、物価の安い国に移住するといった部分を強調したものです。

しかし、それらのスタイルでは、「移動する自由」を手放さなくてはなりません。

家賃の安い郊外から都心まで50km移動するのに、交通機関を使うといくらかかるのでしょうか*5。知らない国で善良なタクシーを呼べる自信がありますか。土地がタダでも、真冬に原付で5km先のコンビニまでいく気がするでしょうか。そしてその原付は、中古の高級車よりも高かったりするのです。

つまり、ミニマルに豊かな生活を希望して、ライフスタイルを再構成する場合、車は最優先で整備すべき生活インフラなのです。家やトイレやフロのことなどあとまわしでかまいません。ひとまず軽の1BOXがあれば、寝心地の良い小庵を築くことができます。先に住居を用意するつもりなら、場所が限界集落でも、軽の4WDがあれば即日生活できます。

その上、日本の中古車市場では、安全上の問題がなく、今後2年間は大きな故障の発生確率の小さい1BOXや4WDが、5万円前後で購入できるのです*6。せっかくなので、日本にいることの価値を最大限に駆使して*7、好きな車を全力買いしてみましょう。

以上の考え方の帰結として、最近わたしが買った軽自動車が、スバルR2です。見た目はこんな感じにかわいいです。

f:id:nelbone:20201021083756j:plainf:id:nelbone:20201021083701j:plain
6.8万円で買ってきた9万km2004年式スバルR2 AWD。冬も含め移動に不自由しない


こうした車がミニマル生活に必須である理由と、車を所有することによる経済合理性を、収益の損益分岐点の考え方に基づいて検討してみます。

⇒次回へつづく

*1:それぜんぜん七つの大罪に当てはまらないじゃん

*2:敷地内では免許不要だが、レンタル屋から借りるときに、コマツ教習所などの修了証が必要。わたしは機体質量3トン未満の建機車両操作が可

*3:1反35万円で買った標高900mの山林。敷地内に清流が流れ、そのままコンテナを置ける接道したタタキがある

*4:以前33ftのキャンピングトレーラに住んでいた。フネに住みたがるのも性癖

*5:JR東なら842円と最低賃金に近い。しかも約1時間を失うので、運賃≒時給なら、実質的に1,684円のロス。往復すれば3,368円を失う

*6:マクロ経済では、日本は工業力において余剰生産を輸出することで富を蓄積してきたから。そのため相対的にモノの価格が低い

*7:毎日、日本円で決済していると意識しずらいが、外貨から見れば日本に住むこと自体がアービトラージ=裁定取引になる

無能シリーズとゼロ知識証明

ゼロ知識証明って、たまに出てきますよね。自分ではそのことの知識も理解もないくせに、結果を証明できてしまう数理テクニックのことです。その種の証明力を使って、今のお勤めの職場に潜り込んだのがわたしで、結局なにも仕事はできないんだけど、「証明できている」風に振る舞うことで、問題なく業務を進めることができます。

ビジネスの現場でも、こういう状況が発生しうることを、次のマンガがうまく表現していて笑えました。

主人公の鷹野さんは、知識ゼロのガチ無能者だけど、必要なことは証明済であるように振る舞うことで、有能な結果を出していきます。とくにクライアントが使う、本人もよく意味をわかっていないDXだのコミットだのエンゲージメントみたいな痛いヨコ文字を、うまくかわしながらコミュニケーションという幻想を成立させていく点が良いです。

無能の鷹(1) (Kissコミックス)

無能の鷹(1) (Kissコミックス)

ポイントは、関係者が既知であるか無知であるかによって、優位に証明を導出させていくテクニックです。実際にもこうした手法は、現在のユーザー認証やセキュリティ管理において、実装に応用されているよ。


無能つながりの作品をあと2点。

無能者が有能者としのぎを削る頭脳バトル物。絵柄からアニメ1話切りだろうな、と思って漫然と見ていたら、1話ではまった。「約束のネバーランド」よりも数段面白い。玉石混交なラノベ作品*1の中で、どれがおすすめかと聞かれたら、わたしなら「無能のナナ」と「青ブタ」と「幼女戦記」を挙げます。


無能の人

無能の人

ダメで愛すべき人々を描いた文芸マンガ。メルカリでせどりや転売やってうまく生きていると思っている人も、本質はダメ思考によるうだつの上がらない人生であることを「石を売る」が暗示している。もっとも、つげの描くそれは、自己啓発寄りの勝気な貧困ミニマリストよりも上等に思えます。終話が、井上井月という乞食俳人の話なのが文芸っぽいです。


ダメな物語には、弱い人の心を安定させる効果があります。他にもおすすめのダメ/無能/クズがテーマの作品を挙げておきましょう。

盆堀さん (ビームコミックス)

盆堀さん (ビームコミックス)

ベストオブ愛すべきダメ人間。


ビーンク&ロサ

ビーンク&ロサ

アメリカ文化風のダメ。タイヤのないトレーラーハウスに住んでいたりする。


人間失格/グッド・バイ 他一篇 (岩波文庫)

人間失格/グッド・バイ 他一篇 (岩波文庫)

  • 作者:太宰 治
  • 発売日: 1988/05/16
  • メディア: 文庫
70年前の作品なのに、わたモテのように読める。


うさぎドロップ 1巻 (FEEL COMICS)

うさぎドロップ 1巻 (FEEL COMICS)

一見、パパみ成分あふれる家族物語だが、見方を変えると全員がうそつきで偽物に思えてくる。


www.nicovideo.jp
このすばらしいエリザベス宮地のPVは、現在Youtubeで消されてニコ動でしか見れない。


(成)ぴこぴこちぴっこまん: TENMA COMICS
エロ主人公の何の躊躇もない最低ダメ思考の突き抜けぶりに驚愕する。


ふつーにダメ好きといった場合、福満しげゆきや神聖かまってちゃんを連想するのだろうけど、それはダメを自家撞着させただけの消費行動で、ちょっとちがうんだよね。

*1:ラノベ定義は人それぞれだけど、わたしは、あさのあつこはYAで、あさりよしとおがジュブナイルという線引き